Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tenshoku1000.blog.fc2.com/tb.php/12-e2062daf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

若年層が高年収を狙うべき背景

若年層が高収入(1000万以上)を目指すべき社会的背景を考えたいと思います。

会社では若年層が高齢層を支える構造となっています。
薄給の若年層が比較的高給である高齢層を支える必要があります。
これは会社の構造上避け難いことです。

30歳で年収500万の社員と50歳で1500万の社員を比較した際、
50歳の社員が30歳社員の3倍の付加価値をもたらすことはほぼ不可能です。

むしろ一部の優秀な社員を除いて、50歳の社員がもたらす付加価値は
30歳社員に及ばないことがほとんどです。

つまり、給料:30歳<50歳、 付加価値:30歳>50歳
という逆転現象が多くの企業で起きています。

また今の50歳程度の社員が経験した誰もが右肩上がりにあがっていく給与テーブルを
今の若年層社員が経験することは困難です。

既に8割超の会社で成果主義が導入され、成果をあげない社員は35歳~45歳を頂点に
右肩下がりになる可能性が高いです。

また2011年には7人の若年者で1人の高齢者を支える構造が、
2050年には3人で1人を支える構造へと変化します。

これの意味するところは現在の社会保障を前提にするならば大増税は避けられないという
事実です。

つまり今の若年層は高齢層の社員に搾取されながら
「給与は右肩上がりにあがらない(下手すれば右肩下がり)」
「大増税により負担が増える」という二重苦が待ってます。

このような情勢は一個人では抗い難いのですが、何かしらの策を講じる必要はあります。
無策のままでは普通の生活もままならなくなる可能性があります。

その策は
①資産運用
②転職
③自己啓発(出世の可能性を高める)
の3つくらいかと思います。

個人的にはまずは転職してキャッシュを潤沢にし、並行しながら
資産運用と自己啓発をする、というのがよいかと思います。

ファイナンスでは現在持っている(貰っている)キャッシュが一番強いという考え方です。
低年収で働き続けて資産運用や自己啓発をするより、
まずは高年収を手に入れて手持ちのキャッシュを増やす方が
遥かに効率的です。

転職して早々に年収を増やすことが自分の身を守る術になるかと思います。

TOPページはこちら 転職道 -30歳で年収1000万円以上への道-
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tenshoku1000.blog.fc2.com/tb.php/12-e2062daf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

フリーエリア1

フリーエリア2

月別アーカイブ

プロフィール

tenshoku1000

Author:tenshoku1000
30歳で年収1000万円への道は険しいです。
しかし険しくても道がないわけではありません。
普通の人が普通にがんばって30歳で年収1000万円を目指す方法を記載します。

最新トラックバック

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。